染め職人どっとこむ

電話番号

留袖の
お手入れと
お直し

留袖の柄は昔から吉祥柄が中心で大きな流行の変化がありません。30年以上昔の留袖を今お召しになっても見劣りがしません。というより昔の留袖のほうが職人の手がかかっているものが多く、今の留袖よりは良質のものが多いのも事実です。若い頃の派手な留袖は年齢に合わせて柄色を少し地味にすれば、素敵に生まれ変わります。白い比翼も汚れていたら新品と交換できます。黒い地色が褪せていたり、カビがたくさん生えてしまっても染め替えれば生まれ変わります。また紋の変更も可能です。お母様やお祖母さまから譲ってもらった留袖や若い頃の留袖を是非お直ししてお召しになってください。

留袖の仕立て直し

裄の仕立て直し

裄のお直しだけでしたら部分的なお直しができます。長襦袢も合わせて裄のお直しが必要になります。 留袖のお直しには1ヶ月〜4ヶ月かかります。結婚式の日が決まりましたら早めにご相談ください。

留袖15,000円
長襦袢7,000円

全て税抜価格です。

洗い張り

身丈を出したり、身巾を直す場合は仕立てを解いて洗い張りします。洗い張りをした後で、今度お召しになる方の寸法を合わせて仕立て直します。

洗い張り料金仕立料金合計金額
留袖29,000円65,000円94,000円
長襦袢10,000円25,000円35,000円
紋洗い15,000円洗い張りした場合は紋がにじみますので、紋を洗って綺麗に描きなおします。
紋の入れ替え19,000円元の紋を違った紋に入れ替えることもできます。

全て税抜価格です。

留袖のお手入れ

長い間タンスにしまっておくとカビ臭かったりしますので着用前に一度「生洗い(いけあらい)」をすると良いでしょう。全体を洗って仕上げをすると絹は生まれ変わりますので気持ちよくお召しいただけます。またご着用後もシミや汚れを付けてしまったら「生洗い」やシミ抜きを専門家に依頼してください。一見してシミや汚れがないようでも留袖の衿や比翼の衿、袖口などは汚れています。また万一しみをつけてしまったら絶対に自分で拭いたりしないでください。

生洗い(丸洗い)着物専用クリーニング

留袖9,000円
長襦袢4,500円
袋帯7,000円

全て税抜価格です。

比翼の直し

長い間タンスにしまっておくと湿気で表地が縮んでしまい、白い比翼が飛び出したようになってしまうことがあります。この場合飛び出した部分だけのお直しが出来ます。また黄色く変色してしまった衿や袖口の比翼は部分的にお直しや交換ができます。全体に黄ばんでいる比翼(絹100%に限ります。)は仕立てを解いて晒して白くすることもできます。

留袖の変色したシミやカビの直し

シミが古く変色したり柄の中についた古いシミはシミの個所が弱っているので完全にシミを抜くことは出来ません。このような場合はシミの個所に同じような柄を描き足してシミを目立たなくします。また柄に付いたシミは柄を再度描き直すことでシミを隠します。

お直し料金 15,000円〜50,000円(税抜)
シミの大きさ、数によって料金が違います。留袖を拝見してからお見積もり致します。

留袖の直し前

留袖の直し後

長い間の湿気が原因でシミ跡が変色してしまいました。シミの個所の彩色をやり直して取れかかった金糸目と砂子を描き直す事で綺麗に生まれ変わります。

留袖の直し前

留袖の直し後

古いしみがタンスの中で変色してしまいました。変色したシミの箇所の彩色をやり直すと、シミは目立たなくなります。

留袖の派手になった柄色のお直し

若い頃の留袖の柄の色が派手になったら、今の年令にあった色に直せます。派手な刺繍の色も地味に直せます。仕立てを解かなくてもお直し出来ます。

お直し料金 15,000円〜50,000円(税抜)
柄の大きさ、数によって料金が違います。留袖を拝見してからお見積もり致します。

留袖の直し前

留袖の直し後

留袖の直し前

留袖の直し後

留袖の染め替え

黒い地色が茶色ぽく色あせてしまったり、全体にカビが生えてしまってもあきらめないで下さい。染め替えれば見違えるように生まれ変わります。

染め替え料金(お仕立て代込み) 190,000円〜220,000円(税抜)
留袖の状態によって料金が違います。仕立てを解いて洗い張りから始めます。比翼地は正絹の新品と交換致します。紋も洗って綺麗に描き直します。留袖を拝見してからお見積いたします。お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

留袖の染め替え前

留袖の染め替え後

留袖の染め替え前

留袖の染め替え後

全体にカビが茶色く変色してしまい、地色も色あせてしまいました。このような状態ですと、もうしみ抜きでは綺麗に出来ません。上前の裏地を外して裏側を見た画像が左です。このように表側だけでなくカビが進行すると生地の裏側まで変色してしまいます。しかし染め替えると見違えるように綺麗になります。右の画像のように金彩がカビで剥げてしまった箇所も元のように金彩を施せば見違えるように綺麗になります。

色留袖を黒留袖に染め替え

留袖の染め替え前

留袖の染め替え後

留袖の刺繍のほつれ直し

何年もタンスの中にしまっていると表地が湿気で縮み、金の駒糸が波をうったようになり止めていた糸が切れて金糸がほつれることがあります。このような場合でもお直しができます。

お直し料金 15,000円〜50,000円(税抜)
柄の大きさ、数によって料金が違います。留袖を拝見してからお見積もり致します。

着物のお直し、お手入れの専門店、30年以上昔の着物も染め職人が 生き返らせます。あきらめてしまう前に私たちにご相談ください。大正9年創業の職人の店 染め帯、江戸小紋も創作販売いたします。

(有)染伸

〒130-0021
東京都墨田区緑1-21-8ミスミハイツ1階
アクセスはこちらをご覧ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-5669-1600

受付時間 年中無休 9:30〜21:30
営業時間 10:00~18:00  日、祭日休み